未成年の大学生が一人暮らしを始めるための準備

未成年の大学生が一人暮らしを始める時の不安や疑問を解決しましょう!

*

一人暮らしの初期費用

   


大学生になり、一人暮らしをしようと考えていらっしゃる方は「初期費用にいくらかかるのだろう?」ということを不安に思うでしょう。

特に初めての一人暮らしであるなら、なおさら不安になると思います。

では、一人暮らしの初期費用はどのようなものであり、どのくらいかかるのでしょうか?

 

初期費用にはどんなものがあるか?

 

そもそも一人暮らしの初期費用には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

1敷金
2礼金
3仲介手数料
4前家賃
5日割り家賃
6管理費・共益費
7賃貸保証料
8鍵交換費用
9火災保険料
10消毒料
11引っ越し関連の費用
12家具・家電購入費用
13生活必需品

 

主に上記のものが一人暮らしの初期費用に該当します。

それでは、一つずつ確認していきましょう。

 

敷金

敷金とは大家さんに渡すいわば保証金のようなものです。

何らかの理由で家賃を払えなくなった場合に補填として使用されるか、退去する際の原状回復に伴う修理費用が敷金で使用されます。

残金がある場合は入居者に戻ってきます。

 

*礼金

礼金は昔からある風習の一つで、大家さんにお礼の気持ちを込めて渡されていたものです。お礼金なので入居者に戻ってくることはありません。

 

仲介手数料

不動産会社を介して契約した際に不動産会社に払うお金のことを指します。

 

前家賃

翌月分の家賃を契約時に支払うお金のことを指します。

 

 

日割り家賃

入居日が月の始めでない場合にその月の家賃と管理費・共益費を日割りで計算したお金のこと指します。

 

 

管理費・共益費

建物の共有スペースや建物自体のメンテナンス・修繕に使われるお金を指します。

 

 

賃貸保証料

連帯保証人がいない場合に家賃の支払いを保証する会社と契約をする際にかかるお金のことを指します。

 

 

鍵交換費用

以前に住んでいた人と異なる鍵を使うために鍵を交換する際にかかるお金のことです。

 

 

火災保険料

火事などのトラブルに対する保険料のことを指します。

 

 

消毒料

入居前に業者に無視や雑菌駆除を目的に消毒をする際にかかるお金のことを指します。

 

 

※引越し関連の費用*家具・家電購入費用*生活必需品は文字の通りなので説明を省略

 

 

以上、具体的な説明でした。

 

各自、いくらの家賃の賃貸を借りるかなどや、敷金・礼金が何ヶ月かなどのことがあり、借りる家によって異なるので一概には言えないのですが、最低でも30万円はかかると思われます。

しかし、交渉などや消毒作業などの自分で行える作業を業者に頼まなければさらに安くすることができる場合もありますので、ぜひご自身で計算をしてみてください!

 

 

 - 未分類

  関連記事

郵便物の転送届はどうするか?

Tweet  大学生での一人暮らしが始まると何かと問題が生じると思いま …

アパート?学生寮?学生マンション?どれがいいか

Tweetこれから大学での一人暮らしを始めようとしている方は、アパートや学生寮、 …

税金は自分で払うの?

Tweet  大学生で一人暮らしを始めて、親元を離れる際、今まで親に払 …

一人暮らしのメリットとデメリット

Tweet前回は一人暮らしにかかる初期費用について調べましたが、今回は大学生の一 …

現状確認書はどこまで書けばいいの?

Tweet  大学生の一人暮らしをいざ始めようとする前に不動産屋さんか …

一人暮らしでインターネット回線はどうする?

Tweet  大学では多くのレポートが出るのでパソコンが必須の大学も多 …

野菜不足をどうしよう?

Tweet  一人暮らしの天敵、それは病気です。 今まで実家にいた時は …

アパート探しのポイント

Tweet大学生の一人暮らしを始める際、様々なアパート・マンションがある中どのよ …

一人暮らしにかかる金額

Tweet大学生での一人暮らしを始める時に気になるのは、一ヶ月にかかる金額だと思 …