未成年の大学生が一人暮らしを始めるための準備

未成年の大学生が一人暮らしを始める時の不安や疑問を解決しましょう!

*

郵便物の転送届はどうするか?

      2017/07/27


 

大学生での一人暮らしが始まると何かと問題が生じると思います。

そんな問題のうちの一つが郵便物の問題です。

 

今までは実家に届いていた郵便物を、一人暮らしの家に送るためにはどうすればいいのでしょうか?

 

実家に届いていた郵便物を一人暮らしの家に送るためには、郵便局で転居届を出すことで旧住所宛の郵便物を一年間、新住所に無料で転送してくれるサービスを利用することができます。

ちなみに、1年後の期限までに延長届を出せば、さらに1年間無料で転送してくれます。

その手続きの際には、本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)と旧住所の確認ができる書類(旧住所が確認出来る運転免許証・パスポート・住民票など)が必要になります。

 

もし郵便局に行けない場合は、転居届用紙に必要事項を記入後、切手を貼らないでポストに投函するか、インターネットで「e転居」というところで手続きを行うことができます。

 

実際のところ、重要な書類がよく郵便で来る場合はいちいち実家に帰ることは面倒くさいと思うので転居届を出したほうがいいと思いますし、あまり郵便で重要な書類が届かない場合は出さなくてもいいと思います。

 

上記の手続きを行うことで自分の郵便物を新居に送ることができるようになりますが、一人暮らしを始めてから前の住居人の郵便物が届く場合があります。

実際私のところにも前の住居人の郵便物が届いたことがあります。

そのような時には郵便局に向かうか、その郵便物に「宛名違い」などの住居人が違うことを伝える旨を書きポストに投函してください。

 

 

郵便物の転居届の話をしてきましたが他にも一人暮らしを始める際に必要な手続きはどのようなものがあるでしょうか?

 

まず公共料金の利用開始依頼をすることです。

引越し当日に新居でガス、水道、インターネット、電気などを使えるように事前に連絡をする必要があります。

 

さらに銀行口座の住所変更手続きもあります。
インターネットで変更可能の場合があるので各銀行に確認してみましょう。

他にも携帯電話の契約者住所変更や住民票の転入手続き、免許証の住所変更、保険証の住所変更など行うことは様々ありますが、大学生のうちは行わなくてもいいのではと思います。

 

今まで一人暮らしに関する手続きについて書いてきましたが、実際に連絡がすぐにつかなくて困るものの手続きだけを行えばとりあえずは大丈夫です。

しかし、連絡がつかなくて困ってからでは遅いので、なるべく早く困りそうなものに関しては手続きを行いましょう。

 

 - 未分類

  関連記事

一人暮らしの初期費用

Tweet大学生になり、一人暮らしをしようと考えていらっしゃる方は「初期費用にい …

現状確認書はどこまで書けばいいの?

Tweet  大学生の一人暮らしをいざ始めようとする前に不動産屋さんか …

アパート?学生寮?学生マンション?どれがいいか

Tweetこれから大学での一人暮らしを始めようとしている方は、アパートや学生寮、 …

アパート探しのポイント

Tweet大学生の一人暮らしを始める際、様々なアパート・マンションがある中どのよ …

野菜不足をどうしよう?

Tweet  一人暮らしの天敵、それは病気です。 今まで実家にいた時は …

一人暮らしにかかる金額

Tweet大学生での一人暮らしを始める時に気になるのは、一ヶ月にかかる金額だと思 …

一人暮らしでインターネット回線はどうする?

Tweet  大学では多くのレポートが出るのでパソコンが必須の大学も多 …

税金は自分で払うの?

Tweet  大学生で一人暮らしを始めて、親元を離れる際、今まで親に払 …

一人暮らしのメリットとデメリット

Tweet前回は一人暮らしにかかる初期費用について調べましたが、今回は大学生の一 …